むう

2015.04.28

むうがむうになったワケ

今日はなぜに「むう」になったかを教えちゃいましょうsmile

言葉で説明するより、こちらの動画を見ていただいた方が話が早いかなmovie



※音が出るのでご注意くださいsign01




はい、お分かりいただけたでしょうか?

むうちゃん、一生懸命おしゃべりするワンコなんですsweat02

遡ること2週間前。市原の現場でアルマで連れ帰る子をクレートに入れ、駐車場で待機していた時のこと。
どこからかサイレンのような音が・・・。

む~~~~~~…

む~~~~~~~・・・

む~~~~~~~~~~
sign03



一緒にいたスタッフと、誰誰???と話していたのですが、それがむうちゃんでしたcoldsweats01
いつもこうやっておしゃべりするわけじゃありません。
む~む~いうのは興奮した時くらいです。

具体的にいうと、起床時や私が帰宅した際など、ケージから出してもらうタイミング。
それと最近はご飯の時も少々、む~む~言いますsmile

むうちゃんは、ケージインしても文句は一切いいません。
就寝時も静か。お留守番の時も静か。

本当はケージに入れっぱなしはかわいそうなので、フリーにしてあげたいのですが、まだ先住わんずとの距離感や、おトイレが心配なこともあり、目が届かない時はケージで過ごしてもらっています。

でも最近はトイレをする場所が決まってきたので、GWを利用してフリーでのお留守番にチャンレンジする予定ですheart04

もう一生分ケージに入ってきたむうちゃんですから、出来るだけ自由にさせてあげたいものねsign01






なるほど、それでむうちゃんねsign03
のポチっとなgood
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015.04.22

新人さん、いるよ。

先日の、ペットショップ崩壊の記事で登場した、目やにダックスさん。
いつまでも、目やにダックスじゃあ、ねえcoldsweats01


実は別の預かりさんのお家に行くはず(というか一瞬行ったんだけどね)だったんだけど、不測の事態が起こり、結局我が家にいることになったので、お名前をつけましたshine




むうちゃんですsign03



Img_6242



なぜに、むうちゃんかというとね・・・それはおいおいのネタにしておきますsmile


さて、むうちゃんのことをいろいろと書かなくちゃいけないんだけど、まずは一番気になる、おめめのことから。


引出し時にどろっどろの緑の目やにで塞がっていたおめめですが、お家に帰ってお風呂に直行、シャンプーした時に、ふやかしながらキレイにとりました。

シャンプーもきっと人生初めての体験なんでしょう。シャワーが当たった瞬間、パニクって大暴れsweat01

こりゃヤバいか?っと一瞬焦りましたが、その後湯船につかると、うっとりしはじめました。よかったー。私の手足は引っ搔き傷でミミズ腫れだが、むうちゃんの恐怖に比べたらたいしたこっちゃないよ、うん。


お風呂でおめめをキレイにして、お腹や足回りにあったごっつい毛玉をカットし、足回りのボーボー毛をチョキチョキhairsalon

案の定、魔女の爪になっていたけど、ここまで伸びている爪を切るのはちょっと恐い。黒爪だから神経がどこまで伸びてるかわからないんですよね。。


ここまで終わらせたところで、まだ協力病院が空いていることに気付いたので、大至急診察に行きました。

最初に体重。3.9Kg。

細い。細すぎる。。

触診してもらって、心雑音や関節の異常はなし。お腹に何カ所か乳腺腫瘍。血液検査は少しの貧血と肝臓の数値が若干高め。でも大きな異常はありません。フィラリアも陰性。

あんな環境にいたのに、それほど状態は悪くなく、ほっとしました。


あ、歯以外は、ですがsweat02


で、肝心の目の診察。

先生曰く、見るからに涙がでていなさそうということ。

涙量を計る検査。右目15以上で正常。左目。涙量ゼロ。。


病名は乾性角結膜炎、だそうです。


要は涙腺がなんらかの原因で詰まるなり破壊されてしまって、涙が出てこず、目の表面を保護出来ない状態なんだそうな。

まずは、抗生剤入りの目薬と目軟膏を入れて、様子見ということになりました。


涙腺の組織が少しでも残っていてくれれば、涙の機能が回復してくるということ。この目薬をさして、状況が改善されないと、予後は厳しいそうです。

むうちゃんの左目は白く濁っています。ここまでなるほど放っておくなんて。痛かっただろうに。。


その後、病院で爪切りと肛門絞りをしてもらって、すっきりしたむうちゃん。

目薬をさすと前足で目をひっかいちゃうので、ソフトエリカラをしてもらいました。


Img_6249

Img_6258



しばらくは不自由かもしれないけど、少しだけガマンしてね。



そうそう、むうちゃんは鏡が大好きです。

これまた初めて見たんでしょうね。鏡に映る自分やはっぴーにしっぽブンブンしますsmile



Img_6202

Img_6212


洋服が散乱してますが、見なかったフリをお願いします。。



対犬もまったく問題なく、来て早々にカドラーに潜り込んでいました。



Img_6239



この体勢で目が合うとしっぽブンブンするもんだから・・・




Img_6234

Img_6235

よ、ようちゃんがcoldsweats01



とまあ、こんな感じで仲良くやっているむうちゃんです。はい。

これからちょっとづつむうちゃんの紹介、していきますねsign03



そして、今回の2件のレスキューのことを知ったバーバMIKOさまこと、バーバ姐さんがご支援品を送ってくださいました。

レスキューの一報を聞きつけすぐに私のところにメールをくださり、今必要なものはなんですか?と。


現場の子たちに使用したフロントラインやレボリューションはすでに沢山ご支援頂いていたので、各預かりさんのお家に行ったシニアの子たち用に小袋のフードをリクエストさせて頂きました。ティアハイムには大袋でご支援頂く事もあるのですが、各預かり宅への配布には2キロほどの袋が便利です。



そして昨日届いたのがコチラ。



Img_6263

Img_6264

Img_6265

Img_6267



シニア用の2キロの小袋が全部で20袋sign03sign03

本当に助かりますsign03

むうちゃんにも1袋頂き、他のシニア預かりスタッフにもお渡しさせて頂きます。

バーバ姐さん、いつもいつも本当にありがとうございます。



皆様のご支援と応援のお陰でこうして犬猫を保護する事が出来ます。

本当に、本当にありがとうございます。

今回レスキューされた子たちは、順次里親募集が始まると思います。

引き続きのご支援と応援の程、どうぞよろしくお願い致しますsign03




むうちゃんがんばれーsign03
のポチっとなgood

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

| | コメント (6) | トラックバック (0)