« 第30回里親会@浅草エリールのお知らせ | トップページ | 音音さん、正式譲渡♪ »

2015.04.17

崩壊レスキューのこと。

今週はアルマにとって、怒涛の1週間でした。

すでに代表のブログでご存じの方も多いかと思いますが、葛飾の個人多頭崩壊現場、そして千葉の市原でのペットショップ廃業現場。

その連絡が代表から来たのは日曜の真夜中過ぎでした。
どちらの現場も週明けすぐに確認に行くので、どなたかお手伝いをということでした。
葛飾の方は以前から介入されていた方から詳細な情報があること。また、個人宅で何人もで伺うと犬たちが興奮するということで少人数での確認作業。

市原については、40頭くらいの犬たちが残っており、一番多いのがダックスで10頭以上。その他、トイプー、ビーグル、パピヨンなどがいるということ。
若い子で3歳くらい。多いのは7~8歳だということ。

現場の詳しいことがわからず、どんな状態なのか写真もない。何年も前にブリーダー崩壊で見た現場のように糞尿だらけなのだろうか。
所有者からはその場で犬の引出を了承してもらえるのか。まったくわからないままで市原に向かいました。

事前にダックス預かりスタッフに預かり可能かの打診。当日引出が出来たらとトリミングサロンの予約に病院の予約。
最悪の現場でも対応できるよう、マスクに手袋、レインコート。犬の識別用にナンバリングできるカードなど。
想定できることは準備をしていきました。

現場に到着すると、建物の奥からたくさんの犬たちの鳴き声が聞こえます。
おそるおそる木戸をあけると、むっと鼻をつく臭い。でも我慢できるレベルです。
広いスペースに壁際にクレート。
ほとんどがダックスです。

Img_5746



簡易サークルの中にスピッツ。みんなサークルによじ登って今にも飛び出しそうです。

Img_5744

Img_5747


大きなラブが2匹。黒い子はサークルの中でものすごいスピードでくるくる回っています。



Img_5743

それぞれのケージの中は新聞紙が敷かれており、それほど汚れてはいませんでした。

Img_5745

犬たちも人慣れしていて、しっぽを振ってくれる子ばかり。

まずは今いる子たちを確認して管理番号をつけなくてはなりません。
他にも個人や保護団体も来ていましたが、そのあたりのすみわけなどは代表にお任せし、まずは犬の確認作業。

ケージから1匹ずつだして、♂♀を確認して写真を撮ります。
ケージから出して抱っこする役目をフアロンママさんがやってくださいました。
これって本当は一番大変な作業です。どんな子かもわからないのに、ケージに手をいれて犬をだす。
噛まれることも想定しないといけません。今回の子たちはいい子ばかりで、そういう事故はもちろんおきませんでしたが、常に緊張をしながらの作業でした。
フアロンママさん、本当にありがとうございました。

全部で34頭の子たちの写真を撮り、やっと一息。
どうやらこの場で選定した子は引出せるようだったので、ダックスさんたちをもう一度見まわす。

Img_5837

Img_5808

Img_6147

Img_6141

Img_6130


本当は全頭出してあげたい。でもそれは無理なのはわかっています。
選ぶ。すごく難しいです。

ダックスは全部で10頭。うち1頭は他団体が引取り。ダックスさんの中には大きな腫瘍をぶら下げた子、全盲の子。片目から緑の膿が出ている子など、悩ましい子がたくさんいました。

預かり先のことも考えながら、アルマではダックス6頭、ボロボロのマルチさんと小さなキャバリアさん、全部で8頭の引出。

Img_5894

Img_5900

世田谷方面で2匹、ティアハイム方面で1匹が出せるようトリミングや病院などを手配していましたが、この日にすぐ引取が出来ること、また市原まで再度迎えにくるよりはと、引き出せるだけ出してきました。

現場であわててトリミングの手配をしてみたけれど、今日の今日では追加で1匹が限界。
フアロンママさんのお家に行く予定の2頭のうち1頭をなんとかトリミングにねじ込み、もう1頭はお家で洗って頂くことに。

ティアハイム行きのマルチ&キャバさんは向こうのスタッフでシャンプー。
そして…想定外の1ダックスはとりあえず我が家に…。片目から緑の膿が出ていた子です。

Img_5811

どうやらうちは目の疾患もちダックスが来る運命らしいthink

さあダックスさん、帰ってシャンプーですよspa
yumiさんの新車に乗せてもらっちゃいました。
ノミダニ付なのにすみませんsweat01

市原の子も葛飾の子もくみこさんが一覧を作ってくださいました。
※くみこさんちには葛飾っ子が滞在中sign01

 
葛飾多頭飼育崩壊・犬一覧

市原ペットショップ倒産・レスキュー犬一覧

市原の方は、他団体さんも入っているので、ほとんどの子が行先決まったようです。
本当に良かった。

葛飾の子たちは、耳ダニがいて預かり宅では隔離が必要なこともあり、現場に残している子がたくさんいます。
引き続き、預かり先、里親様の募集をしておりますので、ご協力頂ける方はアルマまでお問い合わせをお願いいたします。


こういう崩壊現場の子たちをレスキューすることについては、賛否両論あると思います。
でも、犬たちのことを考えたら、早い段階で里親様を見つけてあげることが一番の幸せであること。
それがこうした活動をしている理由です。
ご理解と応援の程、どうぞよろしくお願いいたします。


もちろん応援しますよsign03
のポチっとなgood
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ

|

« 第30回里親会@浅草エリールのお知らせ | トップページ | 音音さん、正式譲渡♪ »

わんこ」カテゴリの記事

コメント

音音ママさま

さっそくハンドルネームが音音ママに!!
ご心配頂きありがとうございます。
おかげさまで、市原の現場は全頭行き先が決まりました。

我が家に滞在中の目やにダックスさん、ずいぶんと良くなってきています。

近々にお披露目しますね!

投稿: はっぴー | 2015.04.20 16時06分

ハッピーさんお疲れ様です。
またたくさんの保護犬が…。
みんな良い家族にめぐり合えると良いですね。

目の状態が早く良くなると良いですね。

投稿: 音音ママ | 2015.04.18 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183986/59676899

この記事へのトラックバック一覧です: 崩壊レスキューのこと。:

« 第30回里親会@浅草エリールのお知らせ | トップページ | 音音さん、正式譲渡♪ »